こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

どうしてオンライン個別指導だけでオンラインで家庭教師を自宅に入れずに快適に受験対策ができるのか?

オンライン塾 授業料
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・子どもを難関大学に合格させたいけど、いい塾がない
・志望校に受かるのが今のままだと厳しいどうにか、射程圏内に入って合格したい
・子供が塾の勉強についていけていないようだ
・東大生など勉強の仕方を熟知した質の高い講師が中々見つからない
・塾には行かず毎日一生懸命勉強しているが要領が悪いのかテストのたびに段々と成績が下がっている
・部活で忙しくて家に帰ってからの勉強がはかどらない
・子供に勉強をさせたいが、どのようにアドバイスすればいいのかわからない。

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・受験生の息子に苛立って喧嘩しました
・月謝が払えなくなって、塾をやめることになる。
・志望校に受かるのが今のままだと厳しいなら、確実に偏差値が上がる方法を試すべき
・自宅での学習習慣が身につかず、ゲームやスマホで遊んでしまう
・深夜の塾帰りに悪い遊びを覚えてしまう
・無計画で勉強しているせいで頑張っている割に成績が上がらない
・大卒時期に運悪く景気が悪化して、一流大以外は就職率が絶望的に

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・勉強だけでなく部活の活動にも集中できて勉強と部活の両方で結果をだせる
・勉強のスケジュールに遅れが出たときにすかさずサポートしてくれて遅れを取り戻すことができ、受験当日に最高の状態に持っていくことが出来て良かった
・努力と結果が結びついているので子どもがやる気になっている
・塾で遅くまで外出することがないので、食事や交友関係に神経をすり減らさずに済む
・大学受験でギクシャクしていた家庭が明るくなった。
・ただいま!からすぐに勉強、今まで考えられなかった習慣に変化
・勉強が好きになり自宅学習時間が増える

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・有名な塾とかではなく知名度がないけど、講師は東大生だし大手の塾にはできない細かい指導ができるので安心
・選ばれたコーチとほんとうに合うか心配だが→選ばれた教師による体験授業を受けられる
・志望大学によっては合わない場合もある⇒東京大学以外を志望する場合は、他の会社を選ぶという選択肢もある
・自習室が無い⇒難関大学の合格は自宅学習時間が重要
・自宅学習はどうなの?と不安だけど、交通費も時間もかからないので親も子どもも負担が減った
・部活で時間が取れないから続かないのでは?⇒ 学習時間と曜日は相談可能
・自宅で勉強することになるので、テレビやゲームなどの誘惑が多い環境になりがち ⇒ 小さい子なら息抜きも必要。受験が近い子ならやる気のでる指導により、誘惑も目に入らなくなる。

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・東大生×オンライン×1人1人のオーダーメードカリキュラムを提案
・毎日勉強するくせがつく
・オンラインため塾の教室を借りたりする固定費がかからずに済むので、それだけ学費を安くできる
・受講時間を柔軟に選べる
・地方に住んでいても利用できる
・正しい勉強計画 で勉強することができる
・自宅学習の正しい方法がわかる

→スタディコーチ公式サイトはこちら