こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

運動部でなかなか勉強時間がとれなかった子供がみるみる偏差値があがった秘密は

子供 なりたい 職業 ない
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・小さいうちから塾帰りで遅く帰宅させたくない
・成績が悪いのに全然勉強しないので、子供にわからないところが出来る喜びを知って欲しい
・部活が忙しくて塾に通えない
・うちの子がやる気をなくして何を提案しても反対されている
・わからない問題を説けるようにしたい
・お金がないため塾や家庭教師にお金をかけられない
・暗くなってからの塾通いなので車での送迎が欠かせない

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・料金が高いからと言って塾や予備校に通わず一人で勉強していると受験に失敗し、浪人してよけいにお金がかかることになる
・実力を試す場所は自校の模試だけではなく、学外の他にも方法を探さないとどんどん自分の学力が遅れていくのがわかる
・難関校を目指したいが、どのように勉強をしていいのか分からない
・自分で受験スケジュールが立てられないので、闇雲に勉強するだけで、ステップアップしていかない
・大学受験の対策を間違って子供のやる気が削がれてしまうと大学受験に失敗して挫折を味わうことになる
・ずっと勉強しないままで子供の成績がどんどん下がっていく
・地方に住んでいて見合った塾や教室が近くになら、オンラインで教えてくれるサービスを探すようにする

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・地域格差なくても子どもがハンデを感じずに成長できる機会になる
・勉強が楽しく将来の目標に向かって着実に進んでる
・受講時間を柔軟に選べるため、自分の集中できるときに勉強をすることができる
・努力と結果が結びついているので子どもがやる気になっている
・子供に合ったカリキュラムでどんどん成績が上がり志望校に入ってやりたい勉強ができる
・日系企業への就職なら海外一流大学卒と比べても圧倒的なリードを築ける
・自分に合った勉強計画を考えて作成してくれるから、部活動にも集中して取り組める。

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・費用はかかるが子供の成績アップにつながる
・個々の自主性や学習意欲が不可欠⇒目標を確認して、意欲を維持する
・勉強が苦手な生徒にとっては、長続きしない可能性がある⇒知的好奇心をくすぐる指導をしてくれる講師もいる
・万一解約するときに高額な違約金がかからないか心配⇛解約(退会)は無料。アプリからも解約できる
・相性のいい先生に当たるかはわからない
・自宅学習のサポートなので、子供がやる気をなくしたら強制力がない
・講師が生徒の様子を把握しづらいと心配することもあるが、学習スケジュール管理やチャットでの質問対応を通して対応してくれるので細かな悩みも拾い上げてくれる

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・指導の曜日時間を選ぶことが可能
・個人指導なので子供の性格にあったカリキュラムを組める
・超有名、超優秀な講師陣による授業を受けることができる
・一人一人に合ったオーダーメイドカリキュラム
・生徒1人1人に最適な学習カリキュラムを提供してくれる
・東大生から個別指導を受けられる
・講師が中学受験の経験者のため最新の入試対策が可能

→スタディコーチ公式サイトはこちら