こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

やる気を無くして志望大学に合格出来なくなると悩んでいた私が、オンライン個別指導で急にやる気が出来て志望大学に合格できるようになった話

オンライン塾 大学受験 比較
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・根性論の塾方針に疑問を感じている
・感染症が心配だから、自宅で勉強させたい
・部活と受験両方がんばりたい
・公立中学で今のままの成績で希望の高校に行けるのか
・どこから手をつけるのかわからない受験生
・教師の質にバラツキがありそうで不安
・受験生の親

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・地方だと子供が希望する大学にあった塾や予備校がなく効率が悪い受験勉
・勉強時間が確保できないので成績が上がらない
・料金が高いからと言って塾や予備校に通わず一人で勉強していると受験に失敗し、浪人してよけいにお金がかかることになる
・わからないことを自分で解決しようとする習慣が身に付かないので大人になってからも苦労することになる
・夏になって部活を引退した友達が目の色を変えて勉強しているのが怖い
・塾嫌いで勉強も嫌いになる
・無理に家庭教師を自宅に上げて親のストレスがMAXになる

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・東大から商社に就職して30代で年収1000万越え
・保護者が進捗をチェックしやすいため、確実に学力をつけて受験に挑むことができる
・本来なら自宅に家庭教師を雇いたいところだがオンラインなのでそれもできないが、お金の麺に関しては家庭教師ほど高額にならずに助かっている
・地方でも都会のように、高度な指導が受けられるので、転勤族の家族と離れることなく一緒に暮らせる
・わかって来るので勉強が好きになりどんどんはかどる
・通常の学習塾よりも費用が安いため、お金に余裕ができるし他のことに使うことができる
・絶対に無理と言われた学校に合格できれば自分に自信が持てるようになる

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・自宅で勉強することになるので、テレビやゲームなどの誘惑が多い環境になりがち ⇒ 小さい子なら息抜きも必要。受験が近い子ならやる気のでる指導により、誘惑も目に入らなくなる。
・各科目講座がたくさんありすぎて迷う⇒子供に最適な講座をチョイスしてもらえる
・設立が新しく、合格実績が少ない
・親と担当コーチのコミュニケーションが取りにくい ⇒ 親とコーチの面談の機会も定期的に設けられている
・高いのでは?⇒ 大手オンライン塾は月4万から5万が普通だが3万7千円と格安
・通信環境に左右されやすい⇒安定した通信環境にする
・志望大学によっては合わない場合もある⇒東京大学以外を志望する場合は、他の会社を選ぶという選択肢もある

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・部活や習い事と両立しやすい
・希望の講師紹介まで何度でも体験授業可能
・指導する人が現役東大コーチなのでトップレベルの指導が受けられる
・現役東大生の中から自分にあったコーチが専任される
・全員現役の東大生が指導してくれる
・日々の勉強進捗をサポート
・学習計画を立ててくれるため自宅学習の習慣が身につく

→スタディコーチ公式サイトはこちら