こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

大手塾の雰囲気が合わないと悩んでいた私がオンライン個別指導で…

スタディ コーチ 問い合わせ
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・受験のメンターがいない
・地方に住んでいるため近くに塾の数が少なく良い塾の比較検討ができない
・子供が進学校に入学したが、ついていけないようで親として何かしてあげたい
・今の家庭教師で受験を乗り切れるか心配
・家の近くに良さそうな塾や家庭教師がない。
・部活が遅い時間まであるので、塾へ通えない。
・わからなかったところをピンポイントで教わりたい

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・受験生の息子に苛立って喧嘩しました
・塾への通学時間など、子どもがやりたい事を犠牲にして勉強しているので身が入らない
・塾への往復30分の場合、週4で通うと、1ヶ月で8時間も無駄になってしまう
・大学受験で失敗したら、その後の人生設計が狂ってしまう
・頭がいい人を知らないまま大人になると、偏屈で狭量な人間になりそう
・大手の学習塾に通っているが思ったように成績上がらない
・月謝が払えなくなって、塾をやめることになる。

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・志望校に上位の成績で合格でき入学後も成績優秀
・子供に最高レベルの受験環境を与えてやれることが出来るので、親としてほっとすることができる
・年収が高い企業に就職できるので異性からモテる
・勉強時間と模試の偏差値を大幅に改善することができ公立学校でも難関高にチャレンジできるようになる
・学歴を理由に蔑まれたり、バカにされたりすることが無い
・時間を効率的に使えるため、ムダがなく便居に取り掛かることができる
・自分に合った勉強計画を考えて作成してくれるから、部活動にも集中して取り組める。

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・対面授業より緊張感に欠けるが子供に合ったカリキュラムなので熱心に取り組める
・安いとは言ってもそれなりに費用はかかる ⇒ 年1回の受験に向けて機会と時間を無駄にしないための投資
・パソコンタブレット端末などが必要だが、なければ中古のものでも購入すればよい
・インターネット環境が必要。⇒手持ちの機材で指導を受けられたり必要な機器を借りられたりするところを選べばよい。
・パソコンやタブレットが必要
・受講できる学科はたくさんあるらしいがもっと不得意のものをだけを絞って教えて欲しいのだが⇒  受講できる学科が少ないと自分の受けたい学科を探して何個もの塾を受けなくてはいけなくなる
・オンライン授業の環境を整える必要がある ⇒ スマートフォンだけでも受講できる

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・オンラインのため好きな時間と自宅学習が可能
・オンラインで完結するため、通学時間などがかからず、その分勉強時間に充てることができる。
・予備校のオンライン指導より安く済ませられる
・講師の年齢が近いので、若い生徒の悩みをよく理解してくれる
・個別指導なので理解出来ていない部分の把握がしやすい
・オンラインなので子供の送り迎えする必要がない
・一人ひとりに合ったオーダーメイドカリキュラムなので、苦手な部分を重点的に効率よく学習することができる。

→スタディコーチ公式サイトはこちら